自己破産 支払い

自己破産について

自己破産をすることで新たなスタートを切れる

自己破産は債務整理の中でも最も重い手続きです。
裁判所が「今後、債務者が債務の返済は不能」と決定した場合に自己破産となり、免責許可をもらうことで借金をゼロにすることができます。

 

支払い滞納のリスク
自己破産になると住宅ローンもなくすことはできますが、税金は支払わなければなりません。
また価値のある家や車など価値のある財産は没収される可能性は高いですが、最低限(20万円程度)の預貯金や家財道具などは残してもらえます。
また自己破産をすることでその情報がブラックリストに載ることとなり、最大で7年程は新たに借り入れをしたり、クレジットカードを作ることはできません。

 

キャッシングするならどこがいいか比較する

 

一方で自己破産をしたことが家族や勤務先にばれる心配はほとんどありませんが、もしばれてしまっても勤務先は自己破産を理由にクビにすることはできません。
自己破産をしても手続き後は働いて得た収入で生活して貯金することも可能で、新しい生活をスタートさせることができるのは最大のメリットだと言えます。

 

すぐ キャッシング

自己破産の免責について

お金の借入は計画的に利用する

「自己破産すれば借金は必ずゼロになる」と思いがちですが、実はそうとはいいきれません。
自己破産の手続きは裁判所に行いますが(専門家に手続きを依頼した方がよいでしょう)細かく言えば自己破産の手続きと免責の手続きの2つを行わなければなりません。
自己破産の手続きで裁判所が「債務者が今後支払い不能」と認めた後に、免責の手続きを申請して「免責許可」を受けることができた時点で借金をゼロにすることができます。

 

借りやすいキャッシング

 

自己破産の手続きをした人の9割近くの人が免責許可の決定が下りているとも言われていますが、1割程の人が免責不許可になっているようです。
例えばギャンブルや浪費などが原因で借金が増えてしまった時など「借金をゼロにすることが債務者のためにはならない」と判断された場合に免責不許可になるようです。
当たり前のことですが借りたお金は返さなければならず、自己破産にならないように計画的に利用しなければなりません。

 

プロミスのキャッシングと増額